今日は憲法記念日。改めてその由来を調べてみる。


スポンサードリンク


GWも後半戦に入りまして
本日から、国民の休日が3連続で続き
6日には、振替休日があるということになります。


サービス業をしている私には何の関係もない話なのですが(泣)
今日からは、3日間の国民の祝日について調べてみるとしましょう。


さて、本日5月3日は、ご存知の通り
憲法記念日となります。


憲法記念日という名称から
憲法が決まった日なんだろうなとか、漠然と思うわけですが
具体的な内容については、やはりわからないので今回も調べてみました。

憲法記念日

5月3日は1948年に「日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する日」と法律で定められました。国民の祝日の1つです。


そのまんまですね(笑)
なお、正確に言えば1946年の11月3日に日本国憲法が公布され
1947年の5月3日に現在の憲法が施行されたということのようです。
そして、その一年後に国民の祝日となったわけですね。
至極真っ当な流れです。


祝日を決めるにあたっては、元々の公布日である11月3日と
5月3日のどちらかを、憲法記念日としようということで
議論が巻き起こったようですが、先に5月3日を憲法記念日とする
意見が多かった衆議院での意見が、そのまま決定に至ったようです。


なお、元々の公布日11月3日も、普通の日にするのは忍びないと思ったのか
11月3日は文化の日として、記念すべき日であったことの
名残があるということになります。


文化の日という名称の由来は、案を審議した参議院文化委員会の委員長を務めた
山本勇造議員(作家の山本有三氏)の以下の談話より、文化の日とされたようです。

第002回国会 文化委員会 第7号 昭和二十三年六月十八日(金曜日)

この日が憲法記念日だというのは、ピンと誰にでも分るのでありますけれども、「文化の日」と言いますと、どういうわけで「文化の日」だかという疑念があるようであります。併しこの日は、憲法において、如何なる國もまだやつたことのない戰爭放棄ということを宣言した重大な日でありまして、日本としては、この日は忘れ難い日なので、是非ともこの日は残したい。そうして戰爭放棄をしたということは、全く軍國主義でなくなり、又本当に平和を愛する建前から、あの宣言をしておるのでありますから、この日をそういう意味で、「自由と平和を愛し、文化をすすめる。」、そういう「文化の日」ということに我々は決めたわけなのです。併し心持からすると、本当は我々は今も尚実際憲法記念日にして置きたいのでありますけれども……


場合によっては、11月3日が憲法記念日だった可能性もあった訳ですね。


ところで、この頃の憲法に関することと言えば
主に9条を主眼とした、平和に関する改憲問題が
ずっと取り沙汰されている訳ですが、安倍晋三首相が
どのような行動に出るか、注意深く見ております。

スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ