明日より、消費税が増税へ!しかし、それ以外にも…。


スポンサードリンク


明日からは、消費税が5%から8%に上がります。
家計にとっては、深刻な負担増になる
今回の増税ですが、上がるのは消費税だけではありません。


家計の負担増イヤー始動 消費税・年金・医療費…

2014年は負担増元年だ。4月には消費税率が5%から8%に上がり、年6・3兆円の負担が家計にのしかかる。社会保険料の値上げなども待っている。政府予算案や税制改正案には、収入の低い人への一時金などが盛り込まれたが、痛みを和らげるのは難しそうだ。(上記記事より引用)



消費税10%で営業と生活はどうなる?
消費税・社会保障Q&A




消費税に車、年金…家計の負担増、総額7兆円



関連記事を簡単に検索するだけでも、大量に負担増になるものの
一覧などが出てきます。
特に、社会保障に関する税金が高くなったり
逆に受けられる保障が薄くなったりと、かなり負担が増える予想です。


消費税の3%を増額することの意義は
もちろん、税収を上げるというところに尽きるわけですが
同じ考え方で増税をした3%から5%に引き上げた結果は
税収は全般的に下降してしまったという結果がでています。


[経済]平成時代の日本の税収入がここまで落ち込んだ理由~デフレ下で間接税増税する愚策をなぜ繰り返すのか?


今回の5%から8%も、もちろんこれからどうなるかはわかりませんが
何年か経って、客観的に数字を追った時に
似たような推移になってしまう可能性が高いのではないかと思います。


現に、今日までで増税前の駆け込み需要で
高額商品が品薄になったり、ネット宅配などで
物流がパンクしてしまったりと、混乱が起きています。


明日からの増税以降は、暫くは消費者は財布の紐を締めるでしょうから
小売・外食などのサービス産業はおそらくかなり厳しい物になるでしょう。


また、増税だけではなく、円安主導の燃料高騰による
ガスや電気料金の値上げも既に、各電力会社などから
公表がされており、負担は以前に比べるとかなりのものになります。


電気・ガス、5月から大幅値上げ 09年以来の最高額に

全社そろっての値上げは4カ月連続。電力は4月に比べ322~430円、ガスは199~279円と大幅に上がる。東京、関西、中国、沖縄の4電力が8千円台となる。(上記記事より引用)


ガソリンも、消費税増税と地球温暖化防止税なる税金で
リッター辺り、5円ほども単価が上がると報じられています。


ガソリンも消費税増税でダブル値上げ、温暖化対策税も増税

温暖化対策税とは地球温暖化対策のために石油石炭税(現在2.29円)に
上乗せする税で、2014年4月1日から、1リットル当たり0.25円が増税されます。

したがって、レギュラーガソリン全国平均価格を、リッター当たり158円で
試算した場合、消費税増税3%と、温暖化対策税0.25円増税で、
2014年4月1日から、ガソリン1リットル当たり、約5円のアップとなります。(上記記事より引用)


ちなみに、今回の増税による税収増の試算は
約5.1兆円とでていますが、昨年の7月に
いつデフォルト(債務不履行)になってしまってもおかしくない
米国債を5兆円買っている日本政府…。


税金は、国に我々の収入の一部などを収めて
その代わりに社会保障や、安定した生活をするための
サービスに当てられるのが本来の使い方です。


ですから、本当は税金を収めるのは国に収めるのではなく
最終的に我々の豊かな生活の為に収めるものなのですが
意外にも、意識して税金を収めている人は少ないと思われます。


意識していれば、無駄に税金が使われてしまった時に
もっと怒りの声が挙がってもいいはずですから。


結局、今回の増税も今まで好き放題税金を使われて
何も声を挙げずに居た、おとなしい日本人が
自分で蒔いた種とも言えなくは無いのです。

スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

    None Found

One Response to “明日より、消費税が増税へ!しかし、それ以外にも…。”

  1. 寺村 より:

    消費税だけではなく政治家の給料も上がる。

寺村 にコメントする

サブコンテンツ

このページの先頭へ